他の資格との違い

他の資格との違いは?

主なドローン資格(民間のみで国家資格は存在しない)
・操縦技能証明書、安全運航管理者証明書
JUIDAの発行する資格です。

・ドローン操縦士回転翼3級資格、ドローン操縦士回転翼3級インストラクター資格
DPAが発行している資格です。今後各2級・1級、ドローン整備士の資格も創設予定となっています。
下図は、DPAのHPに記載してある各資格の詳細です。

リスク程度 資格 活用の具体例
操縦士 操縦士インストラクター
レベル1 目視内飛行
(手動航行)
ドローン操縦士
回転翼3級
ドローン操縦士
回転翼3級
インストラクター
・農薬散布
・映像コンテンツの為の空撮
・棟梁、送電線等のインフラ
点検 等
レベル2 目視内飛行
(手動航行)
ドローン操縦士
回転翼2級
(2018年春~)
ドローン操縦士
回転翼2級
インストラクター
(2018年春~)
・精密農場
・空中写真測量、レーザー測量
・外壁点検
・ソーラーパネル等の設備点検等
レベル3 無人地点での目視街飛行(補助者の配置なし) ドローン操縦士
回転翼1級
(制度作成中)
ドローン操縦士
回転翼1級
インストラクター
(制度作成中)
・離島や山間部への荷物配送
・被災状況の調査、行方不明者の捜索
・長大なインフラの点検
・河川測量等
レベル4 有人地帯(第三者上空)での目視街飛行(補助者の配置なし) ・都市の物流、警備
・発災直後の救助、避難誘導、
消化活動の支援・都市部のインフラ点検等
リスク程度
レベル1
目視飛行(手動航行)
資格
操縦士 ドローン操縦士
回転翼3級
操縦士
インストラクター
ドローン操縦士
回転翼3級
インストラクター
活用の具体例
・農薬散布
・映像コンテンツの為の空撮
・棟梁、送電線等のインフラ点検 等
リスク程度
レベル2
目視内飛行(手動航行)
資格
操縦士 ドローン操縦士
回転翼2級
(2018年春~)
操縦士
インストラクター
ドローン操縦士
回転翼2級
インストラクター
(2018年春~)
活用の具体例
・精密農場
・空中写真測量、レーザー測量
・外壁点検
・ソーラーパネル等の設備点検等
リスク程度
レベル3
無人地点での目視街飛行
(補助者の配置なし)
資格
操縦士 ドローン操縦士
回転翼1級
(制度作成中)
操縦士
インストラクター
ドローン操縦士
回転翼1級
インストラクター
(制度作成中)
活用の具体例
・離島や山間部への荷物配送
・被災状況の調査、行方不明者の捜索
・長大なインフラの点検
・河川測量等
リスク程度
レベル4
有人地帯(第三者上空)での目視街飛行(補助者の配置なし)
資格
操縦士
操縦士
インストラクター
活用の具体例
・都市の物流、警備
・発災直後の救助、避難誘導、消化活動の支援
・都市部のインフラ点検等

・DJIスペシャリスト資格(10時間以上)、DJIインストラクター資格(50時間以上)、DJIマスター資格(100時間以上)
DJI社の日本法人であるDJIJAPANによって行われる、操縦者育成プログラムを終了することで得られDJICAMP認定資格です。しかし、法人もしくは個人事業主でないと受験ができません。
それぞれの資格の違いは、飛行操縦経験時間の違いです。

・ドローン検定(1級・2級・3級・4級)
ドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その向上と周囲の方への理解を広めることを目的としています。試験は筆記試験のみとなっています。操縦技能に関しては、別の資格を取得しなければなりません。

<各資格の違い>
操縦技能に特化 DPA資格>JUIDA資格>>…ドローン検定
安全知識に特化 ドローン検定1級>JUIDA資格=ドローン検定2級>DPA資格
JUIDA資格はドローン検定2級と同様の安全知識の取得が可能です。ドローン検定1級は、電気電子工学やヘリコプターの機体特性等の内容も含まれているためドローンに関連する細かな知識も習得することができます。

※DJICAMP認定資格は、受講条件が下記のようになっています。
①法人あるいは個人事業主の方
②これまでにドローンの飛行経験が10時間以上であること
③DJI社の機体でのフライト運用をしている方
経験者を対象としているため、今後のさらなる操縦技能や知識の向上を目的としています。

TOPに戻る