JUIDA『操縦技能証明証』とは

JUIDAの発行する証明書を取得するメリットは何か

そもそもドローンスクールによくワードとして出てくるJUIDAとは果たして何のことでしょうか。
JUIDAとは一般社団法人日本UAS産業振興協議会のことです。

日本のドローン産業発展へ向けて2014年7月に発足しました。UASとは”Unmanned Aircraft Systems”、つまりは無人航空機システムのことです。JUIDAではさまざまな民生分野に適したUASが開発できるような支援・研究等を行っているのです。

平成27年12月10日に無人航空機の飛行ルールが新たに導入されるなど、ドローン関係の市場がにぎわいを見せてきています。JUIDAはこれから新規に無人航空機を利用しようと考えている企業や団体が、安全かつ安心して参入できるような体制を整えています。

JUIDAに認定を受けたドローンスクールをJUIDA認定スクールと言います。
JUIDA認定スクールの特徴は、基本的にJUIDA認定資格を取得することを目的にして授業が進められていきます。
専門分野にも対応しているカリキュラムのあるスクールもありますが、まずはドローンを飛ばすこと、ルールを覚えることに重きを置いた教育になっています。
修了後にはJUIDAが発行する「操縦技能証明書」「安全運行管理者証明書」を取得することができます。

操縦技能証明書は、「無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者」であり、ドローン操縦者としての能力証明ができます。
安全運航管理者証明書は、「無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者」であり、ドローンを飛行させる現場の総監督としての能力証明ができます。

TOPに戻る