ドローンとは

ドローンとは

近年様々な産業やビジネスに使われているドローンですが、
多くの人はドローンと聞いて画像のようにプロペラが4つ~8つ付いたものを連想するのではないでしょうか?
これも間違いなくドローンの一種です。
正式には、ドローンの中の1つで、マルチコプターと呼ばれるものです。ドローンとは無人航空機の総称で、写真のようなマルチコプターから、ラジコンヘリコプターまで様々なものが含まれています。

どこまでがドローン(無人航空機)なのか、航空法でのドローンの定義

平成27年9月11日改正された航空法第2条第22項によると、この法律において「無人航空機」とは、航空の用に供することが出来る飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める機器であって構造上人が乗ることが出来ない物のうち、遠隔操作又は自動操縦(プログラムにより自動的に操縦を行うことをいう。)により飛行させる事が出来る物(その重量その他の事由を勘案してその飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして国土交通省令で定めるものを除く。)をいう。
と定義されています。

そして改正航空法を受けて航空局から発表された航空法施行規則の解釈について、「重量200グラム未満のものは無人航空機から除外される。」とあります。

つまり、人が乗ることの出来ない航空機のうち、遠隔操作または自動操縦により飛行することができる重量200g以上のもの。=無人航空機(ドローン)となります。

ちなみに、今回の改正航空法の定義だと、ラジコンヘリコプターも遠隔操作ができるので、重量が200gを超えると無人航空機(ドローン)に含まれることになります。

今まで東京でもどこでも自由に飛ばせていたラジコンも、気を付けなければ法律に引っかかってしまうので、飛行させる際には十分に気を付けて飛行させましょう。

TOPに戻る