ドローンによる地域創生支援

和気町でのドローン事業を通じて、中山間地域の
新たな創生モデル構築に寄与していきたいと考えています。

和気町は、日本の多数の地域が今後直面する課題の典型的なモデル地域である

現在の和気町の課題と将来日本の課題

モデル地域を活用し、新サービスの構築→全国展開のサイクルを構築

仕事づくり・人づくり・まちづくり

全国・世界に向けての展開プラン

和気町でのデータ蓄積・分析に基づき事業モデルを最適化し、ノウハウを全国展開すると共に、国産大型ドローンの研究開発・生産拠点を誘致し、機体+事業ソリューションを輸出する。

和気町でのノウハウを全国に展開、そしてグローバルに展開

最終的に和気町が目指したい姿

全国の過疎対策モデル拠点、及び大型ドローンの設計・生産拠点として、グローバルに和気町ブランドを確立し、地域活性化をしたい。

和気町の場所

若者や高度専門技術者等の新規雇用の創出

  • 事業展開コンサルタント育成
  • ドローン設計者、生産技術者の流入

インバウンド効果の創出

  • 国内外の事業導入検討先からの視察受け入れ
  • 国内外の事業モデル導入時の研修での来訪・滞在

上記に伴う、地域経済の活性化

  • 大型ドローン生産による町内生産高の拡大
  • 上記に伴う経済波及効果(例:商業、宿泊関連等)
  • 若年層増加による、町の活性化と人口減少の歯止め

大型ドローン産業の
世界NO.1集積地帯=『大型ドローンバレー』
としてのブランド確立と地域活性化

TOPに戻る