和気町並びに当社が国交省ドローン配送検証実験に選定されました

岡山県和気町並びに当社が、国交省「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」に選定されました。

 

過疎地域への荷物配送は積載率が低いため配送コストが高く、加えて、CO2排出による環境負荷が深刻な課題になっています。

当実証実験では、ドローン配送による費用対効果、及びCO2 排出量削減効果について検証を行ないます。 検証実験地域として岡山県和気町を含め、下記の5箇所が選定されました。

 

当社は中心推進者として、過疎化が進行する和気町旧佐伯町区域を対象に実証実験を行い、ドローン配送を地域に根ざしたサービスとしながら、物流の効率向上及びCO 2 排出量の削減に向け、ノウハウを積み上げてまいります。

また、そのノウハウを日本全国の過疎地域に展開してくことで、社会的な課題解決に向けて取り組んでいくと同時に、雇用を生み出すことで地域創生を目指していく所存でございます。

 

参考資料:

資料1:国土交通省報道発表「山間部等でのドローン荷物配送の本格化に向けて~ドローン物流の検証実験地域を決定~」

資料2:【別添】FDDIドローン配送実用化実証実験の企画書

資料3:和気町ドローン物流検証実験協議会提案資料(FDDI)

TOPに戻る